看護師として働いて、もう数年になります

看護師として働いて、もう数年になります。それで、思ったことは、一般に看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。
そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。

長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。
よく言われるものは交代勤務などで休日が不規則になることです。平日が休みになってしまっては、簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという辛さがあるようです。
あるいは、単純に簡単に休みが取れないという問題もあります。

こうした状態を変えたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。もし転職される場合には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、その際、注意点があります。

注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。

どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、研鑽に励みたいという理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。
看護師は医療ミスになるような行為を行っていない思われている方が少なからずいるかもしれません。

よくお医者さんによる手術の失敗をニュースで報じることがありますよね。

ですが、注射とか点滴の投与を間違えたりすることもあり、最悪、訴えられるというケースもあるのが看護師です。当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置もまた違います。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。
また、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。
看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、モチベーションが上がります。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。

退職する時に出る手当である、退職金については、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。ところが、個人病院の方では、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

看護師の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。
けれども、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規職員として勤務している安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。どれほど優秀でも、準看護師は手術室に入室できず、より専門知識が必要な部署へと転属を望むとしたら、不利でしょう。準看護師、正看護師の違いは、必要な勉強時間とか試験の難易度も違いはありますが、目標が看護師になることであったら、正看護師を目指すという考え方が普通になっているといえます。さらに上を目指したい看護師が自分の看護の技術をますます磨き上げたり、スキルをアップさせるには、多様なやりかたがあります。現在の勤務先から自分を活かせるような他の病院、医療施設などで働いてみるのも一つの選択です。あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を習得するという目的で、看護関連資格を取得するのも1つのスキルアップの方法といえます。一般に、看護師の職務で大変な事の一つに夜間の勤めがあるという事があります。
病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事も少ない事はありません。それに備えるためにナースには夜勤があるのです。

しかるに、看護師にとって、夜間業務というのは体調をおかしくしやすいですし、負担が多分にあります。
友人の看護師が、先ごろ、転職したのです。。いったいなぜ?と理由を質問してみると、「仕事が暇だった。より一層バリバリ仕事をしたい」世間には、働きたくないと願う人が多い中で、知人のような人もいるんですね。
私の叔母にあたる親戚が、離婚をすることになって地元に戻ってきました。久々に会うことになった叔母は私が想像していたよりも元気で、「看護師なんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。

あんな男の世話になんかならなくても食べていくことくらいできるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。
看護師の業務としては、どんな業務があるのでしょうか。
朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者さんの様子を聞いて、引き継ぎを行います。この業務は、夜勤や日勤の交代において必ず実行される「申し送り」です。それが済むと、入院中の患者さんのバイタルを測定して、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子持ちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。そのため、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も少なからずいます。

一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり高収入だというイメージが強いです。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均的に高水準を維持できることが分かっています。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。
高給が約束された安定した業種としては看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。
一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。
看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。勤務先によって、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。
ちゃんと個人個人の能力について測ることを目的に、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。評価を行なうのは、毎月の病院や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。

看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。
また、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。

働いている看護師は数万人いますが、それとは対極的に、資格を取っていながらも、職に就いていない人が50万人以上存在すると認識されています。
全国で四万人の看護師が不足していると考えられているので、その五十万人の中の少しの人でも職業として働くことができれば、この問題も少しは解決できると考えます。

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。
厳しい労働環境の中で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。看護師の資格を取得するには広く知られているとは思いますが、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。学習内容にそう変わりはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習をすることに重きを置いているのでそういった経験を生かして即戦力になれるというところです。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks